一覧ページ

テレビドラマとオーダーキッチン



オーダーキッチンをデザイン・製作する会社にとって、お料理のプロに認めて頂けることほど嬉しいことはありません。
数年前に東京赤坂・江戸懐石近茶流の柳原料理教室(柳原一成先生主宰)の全館に当社製のオリジナル・オーダーキッチンをご採用頂きました。
教室ではご子息様の尚之先生とお二人で、いまや世界無形文化遺産にも登録をされました伝統ある『日本料理』を明るい雰囲気で多くの皆様にご指導されています。

現在放映中で大人気を博しているNHK総合連続ドラマ『みをつくし料理帖』でもその和食の素晴らしさと豪華キャスト陣が演じる江戸時代の文化を背景に『人情と食』をテーマとした内容がとても話題になっています。
主演の若手演技派女優:黒木 華(はる)さんが演じる『お澪さん』が手際よく丁寧なお料理の腕前を披露されています。

実はそのドラマ中のお料理の総合監修と調理指導はすべて柳原尚之先生なのです。
番組最後には、お教室内の当社製のオーダーキッチンを使ってその日のドラマ内で披露されたお料理の『時短レシピ』を黒木華(お澪)さんご本人自らとてもわかりやすくナレーション入りで実演調理して視聴者に再現してみせてくれます。
共演されている俳優さんの迫真の演技力と江戸の世情を興味深く描きだされた人情味あふれる原作と脚本の素晴らしさに毎回ホロリと涙してしまう素晴らしいドラマです。
黒木さんと柳原先生が教室のキッチンにて共演されていることにも感動を覚えます。

ドラマは今週土曜日(8日)で最終回ですが、皆様「NHKオンデマンド」でぜひじっくりとご覧になってください。
番組ホームページのスタッフブログ『さがりまゆ日記』もとても楽しめます。
柳原先生のお料理本には初心者向けのレシピ本も数多く発刊され、
私も頻繁に活用させていただいております。
こちらもぜひ手に取ってみてください。

あなたも今以上にきっと『和食』が大好きになりますよ。

ペットのためのリフォーム



空前のペットブームですね。
当社オフィス近くの元町にも最近新しいペットショップが続々とオープンし、特に週末はとても賑わっています。

何となくですが、私の周りにはネコちゃん派が増えているように感じます。
専門雑誌の特集には「ペットのためのリフォーム記事」をよく目にします。
でもその内容はかなり大がかりなものが多く「なかなかここまではできないのでは?」という印象があります。
たとえばネコちゃんの場合。
それもマンションにおいてはスペースが限られていますから、飼い主さんの日々の生活に有効でありながらかつネコちゃんにも楽しく気持ちいいリフォームができたらなぁと思います。

老朽化した床や設備機器の改善が必要な場合のリフォームはもちろんのこと、壁や天井等の色柄・仕上げのイメージチェンジ目的のリフォームであっても、そこにペットのための要素を盛り込むことで予想以上にペットは喜び、飼い主さんとの距離が一層深まり日々の生活に癒しと充実感が増すことは確実です。

たとえばクロス張替えの機会にキャットタワー固定のために天井に補強下地をいれるだけでも安心感は絶大です。
ネット通販でも気軽に手に入るグッズを上手に活用して、スペースを取らずに実用的な工夫とアイディアで簡易的なペットのリフォームをお考えになってはいかがでしょうか?

ネコちゃんもワンちゃんも大切な家族ですから・・

サロン コンサート



少人数の音楽教室や住まいのアットホームなリラックスした空間で素敵な音楽にふれることができる「サロンコンサート」がいま各地で盛んになりつつあります。

昨年当社がインテリア&エクステリアのプロデュースをさせて頂きました、横浜市戸塚区の「かじやピアノ教室(梶谷佳子先生主催)におかれまして、第1回のサロンコンサートが先週末に開かれました。
初回の今回は外部よりピアニストを招かれ、日頃のレッスン室がその日はコンサート会場に。
生徒のお子様たちやそのご両親様、そして来賓の方々等総勢約20名が休日の午後にショパンなど素敵なピアノ演奏の名曲に浸りました。

当社はエントランス〜建物・室内〜お庭等の空間プロデュースと演出についてひとつひとつを提案しカタチにしてまいりました。
お子様の英才教育のみならず、日々頑張る『大人たちのために』心のゆとりと安らぎを音楽を通じてその機会と場所を提供する努力をされる『佳子先生』に、ご理解のあるご家族や周囲の皆様がエールを送っています。
私共もその空間づくりと演出に一翼を担うことができて本当に嬉しい限りです。
サロンコンサートの模様・今後の開催予定やレッスンプログラムについては、先生のブログhttp://ameblo.jp/kajiya-piano をチェックください。

ヨコハマは今お花でいっぱい!



心待ちにしていた桜の時期が終わり、あっという間に5月の末。
近頃は夏のような日差しと陽気の日がちらほら。
でも梅雨まえのとても良い季節ですね。

明るくすがすがしい空気の中、横浜の中心街はいま至るところに多種多様なお花が咲き乱れています。
自治体と企業が合同で催す全国都市緑化フェア『ガーデンネックレス横浜2017』が開催中です。
花や緑がネックレスのように各所の「まちと人そして時」をつないで横浜を表現するイベントです。
毎年全国各地で開催されるこのフェアが今年は地元、横浜が開催地となりました。
日頃から中区〜西区周辺は街路樹の整備やフラワーアートに力を入れているエリアですが、今年はひときわ見事で感動的です。
3月末からのスタート時点では少々寂しいディスプレイもありましたが、約2ヶ月を経過して各種植え込みの状況がしっかりと定着した今は、草木の緑や咲きほこるお花が最高潮の見ごろを迎えています。
桜木町〜赤レンガ〜山下公園〜日本大通り〜山手洋館群〜徒歩で回れるエリアに趣向を凝らしたスタイルで随所に見どころが沢山あります。
その中で私のお勧めは『港の見える丘公園』です。
残り少ない開催期間にぜひ足をはこんでみてください。

インテリアデザイン業務が中心の当社ですが、近年はエクステリアやガーデンのデザインも手掛けております。
室内リフォームの機会に、お庭やエントランス等を「ちょっとお洒落な空間に」とご希望されている方々、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

冬の『ヨコハマ』は美しい!



地元の方、そして遠方から訪れる方々にとっても『横浜』の『横浜らしい』イメージを醸し出すのが「山下公園〜赤レンガ倉庫〜みなとみらい」のエリアだと思います。

このエリアをただ単に車で移動するだけでも車内から見える景色はとても素敵です。
特に空気の澄んだ冬の夜に見るこの街並みのライトアップ&イルミネーションには長年横浜で暮らす私でも改めて感激してしまいます。

昔と比べて最近感じるのは、ひとつのエリアとしてとてもバランスが良いことです。
個々の建物や施設・広場がそれぞれ勝手に行うと生じがちな「バラつき」を感じない、街全体がとても調和のとれた気持ちの良い雰囲気になっています。
街並みの美観や景観をきちんと考えてライティングがプランされていると感じます。

数分ごとに色が変わるマリンタワーを望み、手前の大さん橋に大型客船(ASKAU)が停泊し、反対側には国内最大級の鮮やかな観覧車クロックが回り、それらを見ながら赤レンガ倉庫の屋外スケート場(アートリンク:2月19日迄)で夜遅くまでアイススケートを楽しめるなんて冬の「ヨコハマ」ならではの光景ですね。

たとえば、土曜日の昼間に『リフォーム相談』や『家具ショップめぐり』をしたあとに、夕暮れ時からスケート&ディナーを楽しむといった週末プランはいかがでしょうか?

インテリアと音楽



インテリアというと壁の仕上げ材や色・家具や照明などの要素がまず思い浮かびますが、「音楽」も大切な要素です。快適な生活には「音楽」を楽しめる空間づくりを考えたいですね。
約1週間前の16日(土)は「レコード・ストア・デイ」でした。
レコード盤の音楽メディアを専門に販売するお店のための世界的(21ヵ国)なイベントです。
私も自宅にLP盤とカセットテープがそれぞれ数百あり良い機会なのでレコード針を買いに当日市内のショップに出向きました。

店内に入るとあまりのお客さんの多さにビックリ!
第何次かはわかりませんが、レコード&アナログのメディアは間違いなく今かなりブームです。

初めてアメリカを旅したシアトルでタワーレコードの巨大な店舗フロアに驚き、
なんと同年の秋に日本で1号店が横浜・元町に上陸(現在は横浜駅近くに移転)。

大感激して頻繁に通っていました。輸入盤の独特の匂いと共に、80年代AORやR&B、ブラックコンテンポラリーなんて言われたジャンルを聴きまくっていた頃を思い出します。
レコード盤に針を置きそして裏返すという動作が面倒臭くもあり、デジタル音源で聴くのとはひと味違うまろやか音と共にあのパチパチ音が部屋をおおらかな空気で充たしてくれます。
もちろんMP3やダウンロードの楽しみ方でもインテリアに溶け込むスタイルで心地のよい部屋をつくる「隠し味」になることは間違いありません。

お洒落でイイ音のオーディオ機器がメーカー各社から数えきれない程の種類が出ています。
専門的な知識は無くても、好きなスタイルのお部屋で好きな音楽が聴けることが幸せですよね。
音楽は耳で感じるだけではなく、間違いなく「インテリアの一部」ですから。

港ヨコハマに春の訪れ



横浜について多くの人は「港」をイメージします。
この春横浜の港は大型客船の寄港でとても賑わっています。
山下公園脇の「大さん橋」には今日の午後素敵な二隻の大型客船が並びました。

「オーシャンドリーム」と「ぱしふぃっくびいなす」です。

船旅というとお金持ちだけの楽しみという印象がありますが、どちらも庶民派の短期クルーズのプランが用意されてとても親しみやすいようです。

10日程前には、かの有名な超豪華大型船のクィーンエリザベス号が寄港していました。
但しQEは背が高くベイブリッジの下を通過できないため、大黒埠頭に停泊していました。
そのスケールは圧巻でかなり遠くからも姿を見ることができました。

港ヨコハマには潮の香りを運ぶ心地よい春の風が吹き、ここ数日の暖かさで遊歩道の桜の花も開いてきました。
4月の1ケ月間は赤レンガパークではフラワーガーデンのイベントが催されます。

華麗な大型客船を見ながら港の周囲をのんびりと歩いているだけで何だか心が和みゆったりとした気持ちになれます。
遠方から訪れている人々も沢山いて、本当にみな嬉しそうな顔をしています。

歩きつかれたらカフェでひと休み。
その次は食事の美味しいお店をさがしてもうひと歩きです。

チャーミングセール開始!横浜の歴史を感じるインテリアを見られるスポット

横浜元町のインテリアスポット元町の家具調度品

今年もまた元町チャーミングセールの時期(2/23〜28)となりました。
2月と9月の年2回のセールですが、私は冬のこの時期がより盛大のような気がします。

多くのお客様はファッションやジュエリー&小物をお目当てに訪れます。

あまり知られていませんが、実は元町は「洋家具」の発祥の街。
幕末から明治に入り外国人貿易商が欧米から移り住んでいた山手地区の住人が、自宅で所有利用する洋家具を修理する工房が多くありました。
そのノウハウがやがて「横浜元町のオリジナル家具」という文化と技術をつくりあげました。
一時は家具店が元町通り沿いに20軒ほど、裏通りにはその関連の製作・修理工房が軒を連ねていたという話です。
今もそのうちの数件は横浜らしいセンスを感じるお店でそれぞれの個性を発信しています。そして伝統技術を絶やさないために熟練の職人さん達が様々な努力と活動をされています。

セールの物色をしつつ、ちょっと違う角度で街の風情を楽しみながら元町を歩いてみてください。
ピリッとした冬の風を受けながら、坂道を上って山手エリアの洋館巡りをお薦めします。

そこはまさに歴史を感じるインテリアと家具・調度品を間近に見られる異空間。
近代的な「みなとみらいエリア」とは違った横浜の魅力を満喫できます。

洋館のインテリアに魅せられて「自宅をちょっと何かしてみようかなぁ〜」と思いついたら、ぜひお気軽に当社にお声掛けを。

身近なところから、あなたのお住まいのイメージづくりをお手伝いいたします。
代表的な洋館の所在地は当社「ご近所マップ」をご参考になさってください。

藤沢市内のカーディーラー様のインテリアデザインを担当しました!

カーディーラーインテリアデザインショールームインテリアデザイン店舗インテリアデザイン

この近年カーディーラー・ショールームのインテリアデザインの仕事をさせて頂いています。

もともと注文住宅のインテリアプランニングやオリジナルの家具/キッチンなどのデザイン・製作が得意な当社ですが、住宅とディーラーは全く違う分野のように見えて実はかなり多くの共通点があります。
どちらも主役は『人』です。

ディーラーの主役は『クルマ』だと思いがちですが、当社がお世話になっているディーラー(販売会社)社長様のお考えはこうです。
同じ車をお買い上げいただく際にお客様にとってできるだけくつろげるお店にするのはもちろんのこと、働く社員の皆さんが気持ちよく仕事ができるようにと常に改善・努力をされています。

『そこにいる人』を気持ち良いと感じることができる空間づくりを目指す当社の考え方に社長様が目を向けて下さいました。

この10月に藤沢市に完成した新店舗には、大きな敷地内に建てられた広く明るい個性的なショールームに併設して、立派な社員用トレーニングセンターまでつくられました。
今月にはそのお店でロケされたTVコマーシャルが放映されるとのこと。

車が好きでインテリアが好きな方には楽しめる要素がカーディーラーには随所にあると思います。
あなたもお近くのお店を覗いてみてください。

カナダのガーデニング事情について

カナダのお庭まわりカナダの玄関まわりカナダのガーデニング

ガーデニングは近年日本でもブームです。
日々の生活で新たに出会う人に趣味をきいてみると「ガーデニングです」という言葉が返ってくる機会が増えました。


玄関まわりとお庭まわりでは演出の主旨や趣も違いますが、カナダの皆さんはさらりと上手に個性を出しています。
自分が好きなお花や植物をアレンジするのが基本ですが、自宅の演出に加えて周囲の環境との調和をうまくつくります。


マネをするのではなく、でもよそのお宅がどんなスタイルで演出しているかも注意深くみているようです。
時にはご近所さんと相談しながら住環境の調和に気を配ってスタイルを考えます。

本格的に、「こだわりのお庭」をつくるには植物の品種による特性も学ばねばなりませんが、まずは気軽に寄せ植えをひとつ玄関先に置くことで、おうちが明るく楽しい雰囲気になりますし、道行く人々やお宅への来訪者の心を和やかに癒してくれまますね。

カナダの住宅のインテリアを見せてもらいました。

バンクーバーの住宅地をぶらついてみました。
といっても徒歩では限度があります。

バンクーバーインテリアバンクーバーリビング

車でゆっくりと住宅地を走り、特に魅力的なエリアは車を駐めて「住人の気分」で散歩します。
それぞれの家は個性的な外観ですが、更に室内は一軒一軒住まい手の個性を反映した素敵なインテリアが見られます。
お庭や外観を褒めながら立ち話を2〜3分すると、「中も見る?」といって暮らしぶりを見せてくれる人もいます。

バンクーバーインテリアプランニング

リビングには壁面いっぱいにブックシェルフ、家事室脇の柱には子供達の背丈のしるしをつけた成長記録、半地下室(ベースメント)にはご主人の趣味のスペースなど、住宅のインテリアをデザイン・プランニングをする私にとっては、ワクワクするものばかりです。

こんな素敵な住まいをこころよく見せていただき本当に感謝です。
美しい街に住んでいると、人々の心にもゆとりが生まれるのですね。

6年ぶりにカナダに行ってきました!

6年ぶりに今年の夏にカナダに行ってきました。

その昔25年前に2年間暮らした西海岸のバンクーバーを起点に隣州の都市カルガリーまで足をのばしました。
友人・知人たちとの久々の再会に感激の日々でした。
訪問先の各家庭は皆それぞれに家族単位での生活を大切にしていて、素敵な暮らしぶりを垣間見ることができました。

カナダインテリアカナダ旅行バンクーバーインテリア

特に感じたのは「アウトドア」でのくつろぎ方です。
空気の良い緑が豊富なカナダではお庭もリビングです。
最近は日本でもそのスタイルはかなり浸透してきましたが、どの家庭でも訪問時にいきなりガーデンファーニチャーのところに案内されます。
冬はバンクーバーは雨ばかり、カルガリーは雪の国。
気持ちの良い夏の空気と楽しい時間を味わうために自然と身についた習慣のようです。

会話も何となく草花や樹木そして庭に訪れる野鳥についての話題が多かったなぁと感じました。
敷地のお庭をうまく活用することで、ライフスタイルにゆとりが出ますし、家族や友人とのコミュニケーションが一層深まることは間違いないと思います。

ベッドマットレス

かつて大阪のお客様宅のインテリアコーディネートをさせて頂きました。
新築マンションを購入され、ご入居時に家具やカーテンの納入を含めたプランニングでした。
一流メーカーのアイテムをシンプルに心地よく整えて、とても気に入って下さいました。

それから10年経ち、この度ベッドのマットレスの交換時期を感じられ、再びご相談をいただきました。
わざわざ上京していただき、いまお使いのベッドメーカーのショップにご一緒しました。

当社クリフォードとしては、マットレスのブランドにはこだわりは無かったのですが、そこで「すごいもの」と出逢ってしまいました。

洗練されたモダン家具の【アルフレックス】と、京都・寝具の老舗【イワタ】のコラボレーション商品である、【ふとんスタイルのマットレス】です。
専用ベッドパットとの組み合わせにより、今までに体感したことのない寝心地にビックリ!

価格はベッドが丸ごと買えるほどですが、お客様の「出逢いですね!」という一言で決まり。

さらに出逢いは続きます。

オーダーにあたり、メーカーさんの納期回答をいただいたら、なんとその日は「お客様のお誕生日」。

「これもまた巡り合わせですね!」と、お客様のお喜びの声☆

10年経ってもこういったお付き合いの中で、お客様にインテリアを楽しんでいただける喜びを感じた瞬間でした。

3万冊の書庫

都内の注文住宅のプロジェクトに携わらせていただきました。

1年間を通してオーナー様をはじめ、建築家の先生や工務店の社長と一緒にプランニングを重ねました。

オーナー様(建築主)はドイツ語専門の大学教授で、個人の蔵書は何と3万冊!!
個人住宅のオーダー家具としてはケタ外れの規模です。
オフィスの資料室のようなスチール製のものではなく、「木のぬくもりを感じる深みのある塗装仕上げにしたい」というお客様のこだわりを大切に、ようやくこの春完成いたしました。

断熱性がずば抜けて良い白岩工務所(世田谷区)さんの特許工法の建物において、大切な書籍を熱や光から防ぎ、空調まで行き届いたすばらしい書庫が出来上がりました。

色や柄決めを主体とするインテリアデザインとは違った切り口の、「本が主役」のプランニングにとても新鮮さを感じました。

元来、オーダーキッチンが得意なクリフォードですがお客様の率直なご要望や関係者の皆様のご意見をひとつひとつ取り入れてカタチにすることが出来、オーダー家具についても益々自信を深められた価値あるプロジェクトでした。

インテリア相談はお気軽にどうぞ

インテリアに興味のある方はたくさんいらっしゃいますね。

インターネットでもソファーやテーブル、カーテン、照明など、単一アイテムを安く購入出来ます。

しかしこれらのアイテムを「自分のもの(スタイル)」にしている人はとても少ない気がします。

大変優れたセンスをもっている空間デザイナーさんなどを除いて、「あれが欲しい」、「これがいい!」と、一貫性がなくテイストがバラバラのインテリアを購入してしまうことはありがちですし、これらをまとめるのは誰でも至難の業です。

インテリアはアイテムが製作される国の文化や時代背景、商品の材質、色あい、カタチ等コンセプトが相乗効果となって、そこに素敵な空間が創造されます。

当社では、お客様のイメージを形にして、理想のインテリア&ライフスタイルを実現していただくために、インテリアのご相談を受け付けております。大袈裟な考え方は不要です。

「エコな部屋」
「アンティークなイメージ」
「すっきり、さわやか」
「かっこいい」
「あったかい感じ」

最初はこれだけでも十分です。小さなきっかけから、お客様とお話しをしながら詳しいご希望が分かれば、少しずつ描くイメージに近づけて行く事が出来ます。

これまでご相談いただいたお客様からは、「知り合えて良かった」、「インテリアの相談が出来て良かった!」とうれしいお言葉を沢山いただいております。

これからお部屋づくりを考えられているお客様。

漠然としたイメージはあるがどんな家具を揃えたら良いか悩んでるお客様。

少しでもお力になれると思いますので、規模の大小に関わらずお気軽にご相談下さい。